top of page
  • 執筆者の写真池永敏之

信じられない噂

更新日:2022年7月8日





 6年生のクラスは6組まであり、私は5組。担任はベテランのYK先生です。両端がややつり上がったデザインの眼鏡が特徴的で、髪は着物に似合うようなまとめ髪、小太りの身体にややきつめのスーツが定番でした。360ccのマツダキャロルで通勤しており、家庭訪問の時は窮屈な先生の車の後部座席に乗って自宅まで案内しました。先生の運転は超がつくほどのろのろで、初心者だったのかもしれません。


 彼女は長崎出身の被爆者で、よく私たちに原爆の恐ろしさや戦争の悲惨さを話してくれました。私が授業中に気分が悪くなった時、先生は「なーんね(そうだったの)、具合悪かったとね」と言って、大柄でスポーツマンのK君に私をおぶって保健室に連れていくよう指示しました。K君は躊躇することなく私を軽々と背負い、階段を駆け下りて保健室まで運んでくれました。中学になると、野球部の彼がグラウントでピッチング練習する姿をよく見かけました。キャッチャーミットの「パーン!」という乾いたような高い音を聴くたび、日陰のもやしのような自分を情けなく思いました。


 5組では、各自がかくし芸を披露する「お楽しみ会」があります。この時、先生は教室の引き戸の一枚を外し、横にすると児童二人に両端を支えさせ、自分は右端から左端へと腰を下ろしながら歩いて見せました。階段下りの演技です。上手ではないけれど、私たちを喜ばせようとする熱心さが伝わってきました。


 3組の副担任は若くて美しいS先生です。八千草薫という女優に似た顔立ちで、朝礼の時などしかお会いできないのですが、ベテランの先生に遠慮してか控えめに微笑むお顔が印象に残っています。一方、3組担任の男性教師Kは、30前後でしたでしょうか、怒りっぽいため生徒からの評判が悪かったようです。


 中学に入って、友達から「KとS先生が駆け落ちした」という信じられない噂を耳にしました。後になって知ったことですが、当時Kは「素敵なネックレスですね」と言いながらS先生の胸元を覗いていたというのです。美しいS先生とKが仲良く歩く姿なんて想像できません。この噂は間違いだったと誰か教えてくれませんか?



ランキングに参加しています。



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page