top of page
  • 執筆者の写真池永敏之

神田川


 私は、"ポケカラ"というアプリで歌った曲をアップロードしたり、他のユーザーが投稿した歌を聴いたりしています。昨年から始め、今日まで200曲超を投稿、相互にやり取りをする友達(フォロワー)が134人になりました。過日は、かぐや姫の「神田川」を歌ってアップしたところ、数人からコメントが届きました。今日は、これを以下に紹介させて頂きます。

因みに私は、アプリ内で「としぼう」というニックネームを使っています。


としぼう

 今の季節にピッタリなフォークの名曲、かぐや姫の「神田川」🌟洗い髪が芯まで冷えて・・・♬♪🌟聴いて頂けると嬉しいです。


Aさん

 1973年・・・名曲ですね。若い恋人同士の情景が浮かんでくる心に染みる曲ですね。素直に歌われていて素敵でした。


としぼう

 ずいぶん昔の歌になっちゃいました。侘しさ、切なさの一方で、二人で暮らせる小さな幸せ、すぐにも壊れてしまいそうな、か弱いひと時、ひと時を生きる二人を応援したくなります。


Bさん

 昭和の名曲ですね。こういう世界観の歌って、今だとどういう歌になるんだろう・・・って考えちゃいました。


としぼう

 私の現代版のイメージは、又吉さんの小説を映画化した「劇場」なんです。松岡茉優と山崎賢人が出演しました。5回くらい観ました・・・笑。

 同様のカップルは、今もたくさんいると思います。共通するのは、いろんな意味で、互いに強く支え合っていて、何らかの夢を持っているということでしょうか。


Bさん

 「劇場」大好きです。3回観ました。最後のシーンが特に好きです。確かに現代版の神田川という要素がありますね。


としぼう

 そうそう、二人の別れのシーン、アパートの四角い部屋の壁がパタン、パタンと倒れ、いつの間にか劇場の舞台になり、観客席に彼女がいる・・・何回も涙しました。


 以上のような感じで、感想のやり取りをしていて、とても楽しいです。

歌詞の中身まで入ると、コメントが長くなりますが、時数制限があるため、途中で切られてしまいます。この時は文章を要約することになるので、勉強にもなります。

 アプリのダウンロードと利用料は無料ですが、料金を払えば、自分の歌を多くの人に聴いてもらえたり、プロの伴奏で歌ったりできます。







閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page